みんつのブログ

グルメと旅行がメインのブログです。毎日更新しています。

ケータイ国盗り合戦

山陽道・山陰道制覇の旅 隠岐編(538国目)

投稿日:2013/03/19

マリンパーク多古鼻
こんにちは、みんつ(@mintz)です。ケータイ国盗り合戦の山陽道・山陰道制覇の旅の続きです。米子で一泊した翌日、隠岐の対岸取りにチャレンジしました。無事にゲットできましたが苦戦しました。今回はコツをレビューしたいと思います。


マリンパーク多古鼻へ向え!
マリンパーク多古鼻
まずは島根県のマリンパーク多古鼻へ行きましょう。9時にスーパーホテル米子をチェックアウトしてホテルまでレンタカーを持ってきてもらいました。そこからおよそ1時間の旅です。最初は晴れていましたが、日本海側に行くと大雪に・・。冬なのでスタットレスタイヤを装着していますが横滑りするし、慣れない私からするととても怖かったです。結局1時間半かかりました。写真は鳥取県と島根県の県境、中海にある橋での写真です。それにしても中海沿いの道は、とても綺麗なところでした・・。

マリンパーク多古鼻
マリンパーク多古鼻はこの看板が目印です。晴れていますが、雪が降ったり晴れたりの天候でした。いざ、対岸取りへ!

マリンパーク多古鼻
こちらがマリンパーク多古鼻周辺の地図です。右下の米子から中央上の赤い箇所、マリンパーク多古鼻へドライブしました。

マリンパーク多古鼻
展望台に登って海岸線を望みます。日本海側らしい荒々しい海と、そこにそびえ立つ山々が自然の厳しさを感じさせてくれます。

マリンパーク多古鼻
さて隠岐の国の対岸取りですが、対岸取りの基本である周囲の電波をさえぎるように動きましょう。この場合は島根側の電波をさえぎれるポイントが、上の地図の赤い箇所になります。この辺りをウロウロすること20分、ようやく隠岐の国をゲットできました。ちなみに展望台は逆に島根側の電波を拾ってしまってダメです。

マリンパーク多古鼻
上の図で丸く囲ってある付近です。実際にはこのようにあまり整備されていない道です。キャビンからこの道に降りてくることもできますが、かなり危険です。実際、降りたところ滑って、そのまま転びそうでした。

マリンパーク多古鼻
道の下はこんな感じ。落ちたらかなり危険な場所です。気をつけましょう。

マリンパーク多古鼻
隠岐をゲットした瞬間です。このために、危険な思いをしていくら費やしたのやら。美味しいものも食べましたけどね(笑)とにかく予定通りゲットできて良かったです。

マリンパーク多古鼻
帰りはちょっと時間があったので、寄り道。大山パークウェイというところで、日本海側の海の水を触ってみることにしました。

マリンパーク多古鼻
日本海側の海も水は冷たかった!しかも荒々しい波のおかげで靴がびしょ濡れに・・。これもいい思い出です^^;

今度来るときは、ゆっくり観光したいと思いました。海の幸と山の幸を堪能したいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!少しでもお役に立てたなら、右側のバーにあるFacebookの「いいね!」を押していただけると嬉しいです!

-ケータイ国盗り合戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケータイ国盗り合戦にハマっています!

こんにちは、みんつ(@mintz)です。私が数年前からハマっているゲームがあります。それは「ケータイ国盗り合戦」という位置情報ゲームです。「ケータイ国盗り合戦」とはユーザーが戦国武将になりきって楽しむ …

山陽道・山陰道制覇の旅 出雲・石見編(539国目~541国目)

こんにちは、みんつ(@mintz)です。米子で買った鯖鮓を食べながら益田まで移動して3カ国をゲットし、山陰地方を制覇、山陰探題となりました!3時間の長旅でしたがアクアライナーで快適でした! 関連

山陽道・山陰道制覇の旅 因幡・伯耆編(535国目~537国目)

こんにちは、みんつ(@mintz)です。引き続き、ケータイ国盗り合戦の山陽道と山陰道を制覇の旅、因幡・伯耆編です。日本海側にでていよいよ雪や風が強くなり、恐れていた強風により電車が遅延し、乗り換えがス …

山陽道・山陰道制覇の旅 出雲・石見編(542国目、543国目)

こんにちは、みんつ(@mintz)です。国盗りもいよいよ大詰め、山陽道の萩と深川を統一を目指して進軍です!まずは益田から長門市への移動ですが、次の電車が出るまで3時間近くありました。益田駅近くにあるフ …

北海道 砂川 ポークチャップ

ケータイ国盗り合戦:砂川サービスエリアでソフトクリームとポークチャップを食べた

こんにちは、お出かけ好きのみんつ(@mintz)です。札幌から車を飛ばし、早めにお昼を食べようと思い、砂川サービスエリアで昼食をいただくことにしました。 関連

サイト内検索